DB エンジンの正常性状態

Microsoft.SQLServer.Linux.Monitor.DBEngine.DBEngineStatus (UnitMonitor)

このモニターは、SQL Server DB エンジンの正常性の状態を調べます。

Knowledge Base article:

概要

このモニターは、SQL Server DB エンジンの正常性の状態を調べます。

上書き可能なパラメーター

名前

説明

既定値

アラートの優先順位

アラートの優先度を定義します。

標準

アラートの重大度

アラートの重要度を定義します。

エラー

有効

ワークフローを有効または無効にします。

はい

アラートを生成する

ワークフローがアラートを生成するかどうかを定義します。

はい

間隔 (秒)

ワークフローを実行する定期的な実行間隔 (秒)。

300

同期時刻

24 時間形式で指定した同期時刻。省略可能です。

 

タイムアウト (秒)

ワークフローが終了して失敗とマークされるまでの、ワークフローの許容実行時間を指定します。

200

データベース接続のタイムアウト (秒)

指定された期間中にデータベースにアクセスできない場合、ワークフローは失敗し、イベントが登録されます。

15

Element properties:

TargetMicrosoft.SQLServer.Linux.DBEngine
Parent MonitorSystem.Health.AvailabilityState
CategoryAvailabilityHealth
EnabledTrue
Alert GenerateTrue
Alert SeverityError
Alert PriorityNormal
Alert Auto ResolveTrue
Monitor TypeMicrosoft.SQLServer.Linux.MonitorType.DBEngine.DBEngineStatus
RemotableTrue
AccessibilityPublic
Alert Message
MSSQL on Linux: DB エンジンが正常な状態ではありません
コンピューター "{1}" 上の SQL インスタンス "{0}" が異常状態であり、"{2}" をレポートしています。
RunAsDefault

Source Code:

<UnitMonitor ID="Microsoft.SQLServer.Linux.Monitor.DBEngine.DBEngineStatus" Accessibility="Public" Enabled="true" Target="SqlDiscL!Microsoft.SQLServer.Linux.DBEngine" ParentMonitorID="Health!System.Health.AvailabilityState" Remotable="true" Priority="Normal" TypeID="Microsoft.SQLServer.Linux.MonitorType.DBEngine.DBEngineStatus" ConfirmDelivery="false">
<Category>AvailabilityHealth</Category>
<AlertSettings AlertMessage="Microsoft.SQLServer.Linux.Monitor.DBEngine.DBEngineStatus.AlertMessage">
<AlertOnState>Error</AlertOnState>
<AutoResolve>true</AutoResolve>
<AlertPriority>Normal</AlertPriority>
<AlertSeverity>Error</AlertSeverity>
<AlertParameters>
<AlertParameter1>$Target/Property[Type="SqlCoreLib!Microsoft.SQLServer.Core.DBEngine"]/InstanceName$</AlertParameter1>
<AlertParameter2>$Target/Property[Type="SqlCoreLib!Microsoft.SQLServer.Core.DBEngine"]/MachineName$</AlertParameter2>
<AlertParameter3>$Data/Context/Property[@Name='StatusText']$</AlertParameter3>
</AlertParameters>
</AlertSettings>
<OperationalStates>
<OperationalState ID="Healthy" MonitorTypeStateID="Healthy" HealthState="Success"/>
<OperationalState ID="Critical" MonitorTypeStateID="Critical" HealthState="Error"/>
</OperationalStates>
<Configuration>
<MachineName>$Target/Property[Type="SqlCoreLib!Microsoft.SQLServer.Core.DBEngine"]/MachineName$</MachineName>
<NetbiosComputerName>$Target/Property[Type="SqlCoreLib!Microsoft.SQLServer.Core.DBEngine"]/NetbiosComputerName$</NetbiosComputerName>
<InstanceName>$Target/Property[Type="SqlCoreLib!Microsoft.SQLServer.Core.DBEngine"]/InstanceName$</InstanceName>
<ConnectionString>$Target/Property[Type="SqlCoreLib!Microsoft.SQLServer.Core.DBEngine"]/ConnectionString$</ConnectionString>
<InstanceVersion>$Target/Property[Type="SqlCoreLib!Microsoft.SQLServer.Core.DBEngine"]/Version$</InstanceVersion>
<InstanceEdition>$Target/Property[Type="SqlCoreLib!Microsoft.SQLServer.Core.DBEngine"]/Edition$</InstanceEdition>
<IntervalSeconds>300</IntervalSeconds>
<SyncTime/>
<TimeoutSeconds>200</TimeoutSeconds>
<SqlTimeoutSeconds>15</SqlTimeoutSeconds>
</Configuration>
</UnitMonitor>