エラー グループ エラー数モニター

Microsoft.SystemCenter.CM.AEM.Views.Internal.HitCountWatsonBucketThreshold (AggregateMonitor)

このモニターは、このエラー グループで発生したエラー数を確認します。

Knowledge Base article:

概要

このモニターは、エラー グループについてレポートされたエラーの合計数を確認します。エラー グループの AEM にレポートされたアプリケーション エラー数がしきい値を超えました。

原因

サンプリング期間内に AEM にレポートされたエラー数がしきい値を超えました。クラッシュが発生しているこのグループのアプリケーションに依存する複数の要因による可能性があります。AEM にレポートしているコンピューターのハードウェアの問題が原因の可能性もあります。

解決策

問題を診断するために実行できるその他の手順を次に示します。

エラー レポートの送信が有効な場合、利用できる Microsoft ソリューションがあるかどうかを確認します。ソリューションを利用できる場合、追加情報を提供して問題を解決できます。

エラー イベント ビューを確認して、Persisted Cabs フォルダーのクラッシュから cab ファイルへのリンクを取得します。古いエラー レポートの場合、cab ファイルは削除されていることがあります。

Microsoft ソリューション URL 応答を取得できないアプリケーションの場合、アプリケーション サポートまたはアプリケーション開発チームからクラッシュ情報を求められます。

AEM 管理コンピューターに適用された最近のサービス パックまたは Quick Fix Engineering (QFE) によって、これらのコンピューター全体のエラー数が急増した可能性があります。そのようなソフトウェア更新プログラムが適用されたかどうかを確認してください

この問題をさらに詳しく診断するには、関連する '上位 N のエラー グループ' レポートで上位 N のエラー グループを確認し、集計された数に基づいて最も重大なエラー グループかどうかを判断する必要があります。

Element properties:

TargetMicrosoft.SystemCenter.CM.AEM.WatsonBucket
Parent MonitorSystem.Health.AvailabilityState
AlgorithmWorstOf
CategoryAlert
EnabledTrue
Alert GenerateTrue
Alert SeverityError
Alert PriorityHigh
Alert Auto ResolveTrue
RemotableTrue
AccessibilityPublic
Alert Message
エラー グループ エラー数モニター
エラー グループのクラッシュ数がしきい値を超えました。記録されたクラッシュの合計数は {0} です。モニターのしきい値は {1} です。

Source Code:

<AggregateMonitor ID="Microsoft.SystemCenter.CM.AEM.Views.Internal.HitCountWatsonBucketThreshold" Target="AEMLib!Microsoft.SystemCenter.CM.AEM.WatsonBucket" Accessibility="Public" Enabled="true" ParentMonitorID="Health!System.Health.AvailabilityState" Remotable="true" Priority="Normal">
<Category>Alert</Category>
<AlertSettings AlertMessage="Microsoft.SystemCenter.CM.AEM.Views.Internal.HitCountWatsonBucketThreshold.AlertMessage">
<AlertOnState>Error</AlertOnState>
<AutoResolve>true</AutoResolve>
<AlertPriority>High</AlertPriority>
<AlertParameters>
<AlertParameter1>$Data/Context/Columns/Column[1]$</AlertParameter1>
<AlertParameter2>$Data/Context/Columns/Column[3]$</AlertParameter2>
</AlertParameters>
</AlertSettings>
<Algorithm>WorstOf</Algorithm>
</AggregateMonitor>